HOME > お知らせ / ニュース > 職員旅行研修in小豆島
お知らせ / ニュース

お知らせ / ニュース


職員旅行研修in小豆島

update:2016年02月04日

11月29日〜11月30日、職員8人で「小豆島」に研修旅行に行ってきました。目的は「オリーブの木」です。樹齢1,000年のオリーブの木が、小高い丘に、凛とした美しい立ち姿で、私たちを迎えてくれました。

この木はスペインのアンダルシア地方で大切に育てられました。その、高さ8mもあった大木を3mにまで刈り込み、コンテナに入れて約1か月かけてこの小豆島に運んで来たのです。今では、小豆島の地にしっかりと根を張り、花が咲き、実をつけています。

今、更生会でも、200本あまりのオリーブの木を植えています。まだまだ若木ですが、数年後には、食用油や石鹸への加工を予定しています。これらの木も、更生会の「平和」と「繁栄」を千年先まで見守り続けてくれることでしょう。私たちは、1,000年生きることは難しいですが、せめて20年後、大きく根付いたオリーブの木を見てみたいものです。

さて、次なる夢は、「本場ヨーロッパ」でオリーブ畑に立ち、オリーブの歴史を見ることが出来たらと思っています。


リストに戻る
topics