グループホームでの一日

グループホーム

グループホームでの一日

支援内容

居宅に近い環境の中で入居者が自立を目指し、日常生活を営むことができるように共同生活において、食事の提供や相談、その他の必要な日常支援を行います。

設備

居住スペースは健康的な生活を送る上で重要な要素の一つです。
一人だけの時間を楽しくお過ごしいただける個室、入居者同士が顔を合わせ、団らんのひと時を楽しむ食卓、緑に囲まれた庭など、広々と開放的な居住空間をご利用いただけ、毎日の快適な生活を支援いたします。

 一日の流れ

例:グループホーム響

6:30〜
7:00〜
8:00〜
8:30〜
起床・洗面
配膳
朝食
歯磨・棟内掃除
9:00〜16:00 各日中サービスを利用
16:00〜
18:00〜
18:30〜
19:00〜
19:30〜
21:00〜
入浴・洗濯・部屋片付け
配膳
夕食
歯磨き
余暇
就寝

 

支援概要

利用対象者 障害程度区分が区分2以上に該当する身体障害者
(65歳未満の者又は65歳に達する日の前日までに障害福祉サービス
若しくはこれに準ずるものを利用したことがある者に限る。)、
知的障害者及び精神障害者
利用定員 ・響…26名(あじさい10名、たんぽぽ10名、さくら:6名)  
・アムール…20名(オアシス 10名、ドリーム:6名、憩い1階:4名)
利用料金 棟により異ります。詳細はお問い合わせください。
職員構成 棟により異なりますが、指定基準を遵守しております。
職員配置基準を下回ることはありません。

 

 

 


▲ 上部へ戻る

topics